サンビックの研究開発

サンビックは創業以来、プラスチックのプロフェッショナル
集団として、多様なニーズに応えるため、日々研究開発に尽力し、
独自の製品を生み出しています。

研究開発

ファイル・バインダー向けのPP基材の実用化に世界で初めて成功するなど、サンビックでは創業当時より研究開発に力を入れて参りました。
さらに、これまで培ったPVC加工技術をもとに、医薬品、食品向けPTP包装用シート『KS PACK』を開発し、GMPの思想に基づき、生産体制を整えております。

これらの開発を支える機材として、Tダイ試作機とミルロールを所有し、様々な樹脂において、迅速な試作が可能となっております。お客様と一緒に、特殊樹脂のフィルムシート化に共同で取り組むケースもございます。